「留魂録(りゅうこんろく)」1859年(安政6年)江戸の伝馬町の獄中で処刑される直前に松陰先生が松下村塾の門下生のために著した遺書です。

 

実物は松陰神社宝物殿「至誠館」に保管されています。

 

大変貴重なレプリカです。

留魂録 (レプリカ)

¥1,000価格